小学生の勉強は、扱いが難しく感じることがあると思います。特に地方の場合、中学受験という選択はあまりされません。子供達にとっても勉強の先にある未来が見えにくく、つい二の次になってしまいます。しかし、中学生になると勉強に「順位」と「合否」が伴います。子供達にとってこのギャップは大きいです。ししなご進学塾の小学部では、とにかく中学生になってから困らない「基礎」を身につけます。掛け算・分数の計算などの本当の基本を身につけることが中学での成長につながります。
 小学生の勉強の多くは基礎です。ここをしっかりと理解することは中学生になって大きな力になります。たくさんの小学生が中学生になった時、勉強を頑張ってみよう!と考えます。でもここから成績を取れる生徒とそうでない生徒に分かれます。なぜなら「基礎力がある生徒」と「そうでない生徒」がいるからです。文字式を習う時、分数や速さの計算が分からないと、その度に小学校分野に戻る必要があります。それではせっかくのやる気もしぼんでしまいます。基礎力は、中学校生活を貫くものです。