中学二年生の様子をお伝えします!

こんにちは!ししなご進学塾の森です!
今日は中学二年生をピックアップして塾の様子をお伝えします。

当塾に通っている中学二年生は、思っていることを積極的に発言する生徒が多いです。

4月は問題を解くと集中力が続かない生徒やテストで凡ミスをしてしまうことが度々ありました。
その凡ミスを減らすため、5月の授業では見直しを徹底的にするように声掛けを行いました。

すると、前回の数学のテストで100点を取った生徒がいました。
中学二年生4人のうち100点が一人、98点が一人、80点以上が二人と平均して高い得点を取ることができました。

また、学習内容で不安な部分を授業内や授業外で質問する生徒が出てきて、学んだことを自分のものにしようと努力する姿が見られました。

これは4月の授業開始時には見られなかった姿です。
自ら進んで勉強をしようとする姿は生徒たちの大きな成長です。

6月末には定期考査があります。
新学期初のテストの多くは基礎で、中学二年生の学習内容は受験に直結してきます。
ここでつまずかないために授業内容の復習を大切にしています。

6月の定期考査対策期間は3週間です。
この対策期間で苦手な部分をワークで確認し、塾のテストの解きなおしをします。
解きなおしにより、理解している内容と理解不足の内容を確認することができます。
今後は、テストの目標点数を設定し、モチベーションを高めていきます。

テスト対策をするにあたり、学習してから復習までの時間が長く空いてしまうと、復習する範囲が多くなってしまいます。
そうならないために、宿題をおこなっています。

授業内では繰り返し問題を解かせたり、声に出して暗記をすることがテスト対策になっています。
書くだけではなく目と耳で覚えられるよう、声に出して理解することに重点を置いています。
そして、暗記する時間に制限を設け、集中力を高められるよう促しています。

また、生徒たちは自分自身の得意教科、不得意教科の把握はできていますが、勉強法の確立が不十分です。
よって、今後はテスト対策の方法を再確認していきます。

中学二年生の様子を写真に載せておきますので、どうぞご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です