第二回定期考査はもう始まっている!2学期制になったことによる変化を見てみます。

こんにちは、ししなご進学塾の岡田です。

第一回定期考査が終わりました。
当塾の塾生はそれぞれよく頑張ってくれたと思います。
中1は初めての定期テストで、今回で勉強のコツを掴んでくれたと思います。
中2は前回より成績がアップした生徒が多く、大幅に点数をあげた生徒もいました。
中3はやはり受験生にふさわしい結果を残してくれました。
中3の社会の塾生平均点は87点で理科は82点、素晴らしい結果でした。

順位が返却され次第、保護者のみなさまに振り返りのお電話をさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

ところで、次の定期テストです。
次の定期テストの日程は9月6&7日なんです。
これは「次の定期テストは5科目の範囲が狭い」ということを意味します。

夏休みが1ヶ月以上ありますから、実質5科目の勉強は3週間分くらいになります。
いつも2学期の定期テストの範囲の広さに参っていましたが、テストが多くなったので余裕があります。

しかし、気をつけなければならないのは「範囲が狭い」=「テストが簡単」という訳ではないということです。
範囲が狭くても、テストは100点満点ですから、その分応用問題を入れることになるでしょう。
科目によっては前回のテスト範囲からも出題するかもしれません。

また、夏休み明けにいきなり定期テストがあるというのは、初めての経験ですから、夏の過ごし方はすごく大切になります。
副科目の勉強を夏にしていた経験は今までなかったはずです。

ただ、範囲が狭いので対策しやすいことは間違いありません。
応用までじっくり学習できる機会だと思えば、ありがたいことでもあります。

夏休み明けにテストがあるということは、生徒たちが今まさに学校や塾で学んでいることが、そのままテスト範囲ということです。
範囲は狭くてもテストまで時間は空きますから、しっかりと定着させておくことがテスト対策の第一歩です。

少しだけ心配なのは、中1・2年生が夏休みを部活に全て使ってしまったり、今までの流れで遊びまくたりしてしまうことです。
ギリギリで宿題を終わらせました。だけでは今回の定期テストは乗り切れません。
夏休み後半はすでに「テスト期間」のようなものです。

夏休みも自習室は使えますから、ガシガシ利用してくださいませ!

読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です