受験生は第一志望は早めに決めましょう!

定期テストが終わりました。
まだ点数が完全に出揃ったわけではないのですが、ある程度の目処は立って、いよいよ夏本番です。

受験生にとって夏は復習と予習に多くの時間を割ける、重要な期間です。
なのに、「さあ、勉強だ!」と気合を入れてみたんだけどなんだか盛り上がらない…
そういう生徒って意外と多いんです。

今まで目標にしていた定期テストが終わって、夏休みまでの勉強はすぐにテストがあるわけじゃないし、なんだか身が入らないという感じでしょう。

その気持ちよくわかります。
私自身も定期テストが終わってホッと一息なんていう気分になる時がありますから。

でも実はここからが受験勉強の本番なんです。
本当なんです。と言われてもあまり納得できないでしょうから、今日はその理由をまとめてみたいと思います。

目標があったから頑張れた、じゃあ夏の目標は?

定期テストは、親切なテストです。
日程は2日に分かれているし、範囲は狭いし、ある程度出るところも予想できるし。

だから、目標も立てやすかったと思います。
やったら伸びるというのが、明確でしたから。
特に暗記科目なんて、勉強した分だけ素直に伸びてくれます。

モチベーションを保つのも、そんなに難しいことではありませんでした。
しかも終わりの時期も近い。

そういう定期テストが終わった今、目標を見失ってしまい、途方に暮れてしまうのも無理はありません。
人は近くの目標が無いとなかなか頑張ることができないですから。

でも、夏の勉強はすごく大切なんです。
上の空状態で夏に突入するのは絶対ダメ、ここでもう一回気合を入れ直す必要があります。

そういう意味において、私はこの時期が第一志望を決定する良いタイミングだと思っているんです。
定期テストの結果が出て、それを元に第一志望を決める。
そして、夏にどういう勉強をしなければならないかを考える。

自ずと夏の勉強に気合が入るでしょう。
しかも、ちょっと高めの目標にすると良いです。

だって今から夏を迎えるのに、今の自分でも入れる学校を目標にするのは、野心が足りないような気がします。
特に塾に通っている生徒は、せっかく塾に来たのだから、成績を上げて合格してほしいと思います。

本気で目標に目を向けるという意味で、夏は重要なんですね。
もちろん高すぎる目標は挫折を招きますから、現実的なところを設定する必要がありますよ。

定期テストの勉強はみんなやっていました

定期テストは、みんなが勉強するので、点数は取れても順位は上がりにくいですよね。
それは周囲との「差」がついていない状態です。

他の子達が「80」頑張っている時、自分が「90」頑張っても、差は「90ー80=10」です。
でも、周りが「50」頑張っている時に自分が「80」頑張れば、差は「80−50=30」ですね。

別に周りを出し抜けと言っているわけではありません。

ただ、定期テストの勉強はみんなやったので、差はあまりついてないという事実がありますという話です。

「いや、全然勉強やっていないやつもいましたー」って考えている人もいるかもしれませんね。
確かにそういう人もいるでしょう。
ただ、その人たちはおそらく受験におけるライバルにはなりません。

いくら差がついても、受験では同じ場所で戦うわけではありません。

さらに言えば、ここで言う「差」は同じ学校の中の話だけではないんです。
当然ですが、高校受験は別の中学校の3年生も混ざってのものです。

別の中学校の生徒も同じように勉強しているわけです。
そして、その人たちと合格を争わなくてはなりません。

その人たちとも定期テストでは「差」がついていないということです。

でも実は夏の勉強は違うんです。
夏は勉強を「できる子」と「できない子」で別れる期間です。

だって、近くの目標もなく、志望校もはっきりしていなければ、1ヶ月もの間勉強を高いモチベーションで続けるなんて、簡単なことではありません。
受験生の多くは部活を引退していますし、遊びたくなる気持ちもわかります。
こういう理由から、夏に勉強をできない人がいることは間違いなく事実で、ここが「差」のつくポイントになるんです。
つまり、「差」をつけるポイントにも、「差」をつけられるポイントにもなるということです。

じゃあその分岐点って何かと言えば、志望校に対するモチベーション以外にはないでしょう。
「そろそろ志望校を決める時期」というのはそういう意味なんです。

志望校を決めることが、目標になって、それが夏の勉強を促すわけです。

受験生にとって最高の夏にするために、高めの志望校を設定することをお勧めします。

読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です